Te amo!

主に女性向け同人ゲームの感想を月一で叫んでます。

2013.02.10.Sun

公主月奇譚


制作者 雨宮えい様

+ジャンル  乙女向け恋愛ADV
+値段    フリーウェア
+制作ツール livemakar
+年齢対象  15禁(殺傷/軽度の性描写と性暴行/近親相姦/鬱)

=あらすじ=
主人公:碧雲は現皇帝の姉。
後宮にて平穏に暮らす彼女は一度も後宮から出たことが無い。
とあるきっかけで外界の話を耳にした碧雲は外への憧れを抱く。
自由を願う彼女の前へ、月の神は笑みを携え現れた。



中華風ファンタジー×乙女×ブラック要素と、
プレイ前からその単語だけでドキドキしてました!
ブラック要素についてはサイト様の方に詳しく載っているので、
必ず確認した上で大人のお姉様はぜひ!

この作品の流れとしては、
①ルート分岐&決定までの前編パート
②攻略対象+ルート決定の後編パート
と二つのパートに別れています。

①でキャラにどんな感情を与えたかによって、
②にて同じ攻略対象でも、
雰囲気やストーリーがガラッと変わります。

①の所では碧雲ちゃんの明るい性格のおかげか、
平和的に進みます、が。
②で悪感情によって進む新月ルートだと一気にきな臭くなります。
というか①の段階でも片鱗見せる方いるけどね!

良感情で進む満月ルートなので、
ハッピーエンドとは限らないのが奥深い!
では次からストーリーもまぜつつ、キャラの感想について。



まずは月の神:月祥
他のルートで若干厳しめな処置を与えたりもしますが、
神様らしさを備えつつも良心的なキャラでした。
ノーマルエンドから派生する彼のエンディングは、
想像していたより甘くてドキドキ。
ノーマルエンドもわりと仲良しでほのぼのしました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次は主人公の異母弟:天龍帝

……一言で言うとラスボス。わりとどのキャラがお相手でも。
彼のルートは希望が見えないエンディングの多い事。
ただ主人公がどん底で天龍帝が幸せなエンドではなく、
主人公だけでなく自分も追い込んでる率が高い。
その原因を作ってるのは彼自身だから、もうなんというか……。
立場故に歪にしか愛を示せない、そして失う彼の姿には悲しみを覚えました。
だからこそ満月ルート後の裏話では、
一番望んだものではなくとも幸せを掴んだ事につい涙が。
でも結末十九に関しては絶対に許さない、絶対にだ(°言°)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今度は物語のきっかけとなった巫女:銀蓮
主人公に抱く感情が愛憎である為に、
恐怖と切なさを感じさせるのが印象的でした。

主人公が肉体的にも精神的にも追い詰められる最凶バッドは、
病んだ天龍帝が可愛く見えるレベル。
他にもVS天龍帝の時は本気で碧雲ちゃん逃げてマジ逃げて!!と。
ヤンデレーズの前では無意味でしたがね!

でも前述にもあるように誰より切ない展開が多いのも事実。
例えば満月ルート。これだけなら爽やかに終わるのですが……
新月ルートで真実を知った後だと胸が痛みました。
他にもVS世鏡にて思い詰めた末のでも願い叶わず迎える結末とか。
ハッピーエンドですら幸せそうなのにどこか物悲しいのが、もう、ね。
ただ後日談がそれを覆すような糖度でびっくり。存分にニヤニヤさせてもらいました!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最後は主人公の付き人:世鏡

糸目といい、世話焼きといい、ど真ん中でした。
その上、唯一最初から最後まで主人公の味方でいてくれる
ので更に好きになりました。正しく付き人の鑑!

彼は他のキャラと違って、
主従以上恋愛未満なエンドが多いのですが、
そのおかげか、ハッピーでなくても比較的に穏やかです。
結末十九を除けば、バッドかと思いきや希望を見せてくれたり、と。
恋愛感情を抜いても互いを大切に思っている、
というのが痛い位伝わってくるのが素敵。

優しい嘘が明かされたシーンは見所。
向け合う信頼と忠誠にぐっときました。
最後の選択肢ではどちらを選んだとしても、
二人の絆の強さを感じられて、幸せな気持ちになれる事間違いなし!
一番最後のスチルではああ本当に良かったねと涙ぐんでしまいました。
そして後日談は良い夫婦っぷりに叫びたいです、官吏の一人そこ代われ!と。



碧雲ちゃんが純粋で一生懸命な子だったのでついつい応援してましたが、
主人公が魅力的なだけでなく、サブキャラも良い味を出してます。
個人的に孫兄妹推し。何だかんだで仲良し兄妹なのが癒しでした。
豊富な裏話は見応え有り!キャラの心境が知れるのは嬉しいですね。
中華好きな人へ特にオススメです!

追記はネタバレ有りの二次創作







※クリックでモザイク取れます

裏話の熱々っぷりに萌えた結果がこれだよ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |